生活相談はこちら
メール:jcp-chiyoda@kamogawa.seikyou.ne.jp電話:03-3294-8411

生活相談のお電話問い合わせはこちら
生活相談のメールでのお問い合わせはこちら

ホーム > ニュース一覧 > 

区政報告

区政報告

第3回定例区議会について

第3回定例区議区議会(決算議会)を終えて
第3回定例会が10月21日に終わりました。党区議団は、3つの役割をはたすために力をつくしました。
ひとつは区民の声を区政に届ける役割です。党区議団は定例会に先立ち、「区政アンケート」を実施、280名(10月30日現在)を超える回答が寄せられました。そうした声を区議会でとりあげ、前向きの変化も生まれました。たとえば「マンション耐震促進事業の改善」や「がん検診の無料化」の要求に区は「検討」を約束。実現の道を切り開きつつあります。
二つ目は区民の目線で区政をチェックする役割です。14年度決算にはいくつかの問題点がありました。①住民のくらしと営業を脅かす再開発事業があること、②国保料値上げなど住民負担増の決算となったこと、③自衛隊による高3と中3の名簿の提供依頼に、区が忠実に応えていること、などです。まちづくりでは「都市再生緊急整備地域」の撤回など対案も積極的に提案しました。
三つ目は、安倍政権の暴走とのたたかいです。戦争法の強引なすすめ方に、区長も「憲法解釈に関わる議論は、国会において十分議論を」とのべました。
マイナンバー制度では個人情報漏えいなどのリスクを国も認めています。他会派と共同し「安全保障関連法の採決に抗議し、廃止を求める意見書」と「マイナンバー制度の中止を求める意見書」を提案しました

カテゴリー:ニュース一覧, 区政報告, 政策・見解 | 投稿日:2015.11.03

ページトップへ戻る